個人向け国債3年物 (0.11%)に決定

2010-09-03
mailmag_banner.jpg



前回の募集に続き、今回はさらに利率が下がった3年物個人向け国債

・借金だらけの日本国の国債

・3年も預けて利率がたったの年0.11%


こんな条件で誰が購入するというのでしょう?

さらに5年物個人向け国債の利率も決まったのですが、それもたったの0.23%

私は2004年に野村證券に入社したのですが、当時は個人向け国債というのがまだ比較的新しくて、10年変動金利物しかありませんでした。

その時は、変動金利でも1%は超えていて、さらに「もうすぐ新しく募集されなくなるかもしれないから」と教えられたものです(笑)。あれから早いもので6年。今はあの時よりも国の借金が膨らみ、景気後退で税収も減り、けれど社会医療費もろもろの予算はどんどん増えています。個人向け国債の募集を止めるどころか、さらに募集しなければいけない状態。けれども利率の低下で、さらに誰も日本国債など買ってもらえない状態です。

こんな状態で日本はどうするのでしょうか?



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/783-e80d0880

<< topページへこのページの先頭へ >>