インドネシア、預金準備率引き上げで金融引き締めへ

2010-09-05
景気好調のインドネシアは、預金準備率を5%から8%に引き上げることで、金融の引き締めを行うことを決定。

「預金準備率」とは、銀行が中央銀行に預けておかなければいけないお金(預金に対する比率)を示す。預金準備率の引き上げによって、銀行は今まで以上にお金を中央銀行に入れておかねばならず、その分自分たちの裁量で、貸し出しを行ったり次の投資を行ったりができなくなる。つまりは市場からキャッシュが減ることになるので、「金融の引き締め」と呼ぶ。

いかにインドネシアが景気がいいかということ。ちなみに今回の政策金利利上げはなく、6.5%のまま据え置いた。


今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー




こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/794-54f70be4

<< topページへこのページの先頭へ >>