ポートフォリオ&分散投資とは?

2010-09-16
投資の基本としてポートフォリオを組んで、分散投資することで、リスク回避計ることが必要である。これは基本中の基本である(言葉ではなく、投資の方法として基本)。

よくある話だが、わかりやすいので卵とバスケットを例に挙げてみる。

あなたがスーパーで買った卵を一つのバスケットに持って持ち歩いていたとする。帰宅途中、何か事故にあって、そのバスケットを落としてしまった。その時、一つのバスケットに入っていた卵は全部割れてしまい、使い物にならなくなってしまう。

ここであなたはスーパーで買った卵を一つのバスケットでなく3つのバスケットで持っていたとする。事故で一つのバスケットを落として、その中の卵が割れてしまったとしても、残りの2つのバスケットの卵は助かる。これがポートフォリオ&分散投資の基本である。

つまりいざ何かあった時のリスク回避のために、そうならないうちから分散しておくということである。株であれば銘柄分散、業種分散、購入するタイミングの時間分散。債券(外債)であれば通貨分散、銘柄分散。投資信託であれば、資産分散、銘柄分散などである。

そしてその分散した資産、通貨をまとめて一緒に管理することをポートフォリオという。

あなたのポートフォリオはどうですか?



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/828-2aff2f9d

<< topページへこのページの先頭へ >>