ECB、毎月600億ユーロ(約8兆円)の量的緩和を発表

2015-01-23
やっと経営の方が落ち着いたのと、FB、Twitterなどの頻度を減らして、ブログで経済情報を発信するようなスタイルに戻していこうと思います。

さて、本日発表されたECBの量的緩和(QE)が先日のスイスフランニュースに続き、市場にショックを与えました。もう量的緩和に慣れっこの投資家たちですが(特に日本はw)、ここにきて毎月600億ユーロ(約8兆円)の金融緩和をしかも来年(2016年)の9月まで続けていくということなので、よっぽどでしょう。

とはいえ、日本一国にする緩和政策ではありませんよね。欧州全部に対しするものなので、このくらいの額が必要になるのかもしれません。ただし緩和の度合いはECBの出資比率に応じてなので、フランスなどは多目に、アイルランドなど小国は少なくなります。

さて、これが周りに与える影響を考えてみましょう。

まず単純に為替が動きます。量的緩和をするということは、市場に紙幣をたくさん発行するということなので、その紙幣(EUR)の価値は下がります。どの国も緩和政策をしているところですが、為替はいつもシーソーゲームなので、短期的にEURが下がれば、相対的にJPYやUSDが上がります。そう、CHF(スイスフラン)も。

そのCHFが先日、ユーロとのペッグを撤廃するという発表をしました。スイスフランショックと呼ばれるほど、急な政策転換だったのですが、CHFはそもそもJPYと同様に世界中で安全資産(鎖国状態なので、他の国の景気に左右されないため)として高く推移していました。それが撤廃されたことによって、CHFが買われた(高くなった)のです。

ということで、現時点での今後の為替の流れは・・・

CHF高
EUR安
USD高
JPY高


です。
ただしヘッジファンドなどがポジション解消して様子見をしているのが、その後各国がどのような政策を取ってくるのかが読めなくなってきたからです。今回のECBの決定を受けて、また世界が動き出してくるかもしれませんね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :

世界のヘッジファンド運用資産残高ランキング 〜2012年末時点

2013-08-01
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール




機関投資家が中心に投資をしているヘッジファンドですが、こちらが世界のヘッジファンドの残高ランキングです。最も大きいファンドは約8兆円のファンドです、、。


                  (億ドル)
1位:ブリッジウォーターアソシエイツ:833
2位:JPモルガン・アセット・マネジメント:440
3位:ブレバンハワード:398
4位:ブルークレスト:352
5位:スタンダード・ライフ・インベストメンツ:343
6位:オクジフCMグループ:319
7位:マン GLG:296
8位:バウポスト:267
9位:ブラックロック:266
10位:ウィントン:252
11位:アディーじCM:250
12位:ルネッサンス・テクノロジー:220
13位:エリオット・マネジメント:214
14位:DEショー:209
15位:キャニオン・キャピタル・アドバイザーズ:206
16位:AQRキャピタルマネジメント:203
17位:M&Gインベストメンツ:203
18位:デビッドソン・ケンプナー・アドバイザーズ:194
19位:ファラロンCM:186
20位:ポールソン:178
21位:アンジェロ・ゴードン:176
22位:キングストリートCM:174
23位:ミレニアム・マネジメント:172
24位:バイキング・グローバル:160
25位:クレディ・スイス・ヘジング・グリフォ:154
26位:ブルーマー&パートナーズ:153
27位:SACキャピタル・アドバイザーズ:150
28位:ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント:149
29位:アパルーサ・マネジメント:146
30位:コンベクシティCM:140
(2012年末時点)



こうした大きなヘッジファンドも・・・

・米国民からしか受け付けないかどうか?
・オフショアに登記しているかどうか?
・どこの国の金融庁に登録をしているか?
・最低投資金額が1億円(USD 100 mil)以下でもOKか?


などの条件で、日本人個人投資家が投資できるかどうかが決まります。実際、中にも投資できるファンドもあればできないものもあります(とはいっても大きければいいヘッジファンドというわけではありませんが)。

金融危機後の資産運用にはヘッジファンドは必ず必要だと私は思います。その環境下で、日本の証券会社にある限りあるヘッジファンド(オンショアファンド)の中から選択しようとするだけでいいのか?足りないものを海外(オフショア)で補っていただくといいかと思います。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村











tag :

各国機関投資家のヘッジファンド比率

2013-07-31
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール




昨日のブログで各国の年金基金など機関投資家の残高をご紹介しましたが、こちらが彼らがヘッジファンドへ投資している比率です。金融危機後増えているということがわかるように危機前(2007年)と比較しておきます。


                 2007年→2013年
年金積立金管理運用独立行政法人(日本):0→0%
ノルウェー政府年金基金(ノルウェー):0→5%
オランダ公務員総合年金基金(オランダ):16→27%
韓国国民年金公団(韓国):2→9%
カリフォルニア州職員退職年金基金(米国):15→31%
カナダ年金制度投資委員会(カナダ):17→17%
カリフォルニア州教職員退職年金基金(米国):17→29%
NY州共通年金基金(米国):20→25%
デンマーク労働市場付加年金(デンマーク):29→41%
オンタリオ州教職員年金基金(カナダ):21→26%
ハーバード大学(米国):35→40%
イエール大(米国):69→79%



規模が小さい(といっても2兆円ですが、、)ところほどヘッジファンドに投資をしているのがわかります。イエール大はなんと全体の約8割(笑)。つまりこれからわかることは、この運用比率が正しいということはないということです。何を目的にどのようなリスク管理をするか?がポイントとなります(個人投資家のよくある質問の一つが「どのような割合で投資をするのがいいですか?」)。

また日本の巨額な年金の運用先にヘッジファンドが一切入っていないことも気になります。金融後進国だから、鎖国だから、ということもありますが、それにしても0%というのはほとんど運用をして増やさなければいけないという責任を放棄しているに等しいです。その代わりに投資されているのが日本の国債(低金利)ですから、今後少子高齢化が進み、支払わなければいけない年金の額はどんどん増えていくのにもかかわらず、年金は増えない。年金を納める若者も減っていく。一体どうするつもりなのでしょう?誰もどうするつもりもない、というのが答えかもしれませんね。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村











tag :

各国の年金基金・大学基金(機関投資家)の資産残高

2013-07-30
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール




機関投資家と呼ばれる人達が最もヘッジファンドに投資をしていて、そのヘッジファンドの中でも個人投資家からも受け入れているヘッジファンドもあります。そしてそのヘッジファンドへ投資できるよう、日本の個人投資家に我々がアドバイスしている状態です。

その「機関投資家」の代表格である世界の年金基金、大学基金の資産残高がこちら。


年金積立金管理運用独立行政法人(日本):約120兆円
ノルウェー政府年金基金(ノルウェー):約59兆円
オランダ公務員総合年金基金(オランダ):約38兆円
韓国国民年金公団(韓国):約36兆円
カリフォルニア州職員退職年金基金(米国):約26兆円
カナダ年金制度投資委員会(カナダ):約18兆円
カリフォルニア州教職員退職年金基金(米国):約16.6兆円
NY州共通年金基金(米国):約13.4兆円
デンマーク労働市場付加年金(デンマーク):約12兆円
オンタリオ州教職員年金基金(カナダ):約11.5兆円
ハーバード大学(米国):約3兆円
イエール大(米国):約2兆円



もう金額が大きすぎて・・・だと思います(笑)。要は一つのファンドだと思ってください。そのファンドが世界中の色々な資産(ヘッジファンド含む)に投資をしています。ただ一つのポジション変化で相当な額になりますので、それだけたくさんのところへ分散投資します(けど日本の年金運用の場合、日本国債ばかりw)。さらに長期投資をします。デイトレーダーのようにころころ運用先を変えたりしません。

世界的な経済の変化に伴い、これらの「機関投資家」のヘッジファンドでの運用が増えているそうです。私が付き合いのある海外(オフショア)のヘッジファンドもいくつか内緒でどこの機関投資家がそのファンドに投資をしているかを聞きますが、そうしたヘッジファンドに皆さんも個人投資家として投資ができるということです。




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村






tag :

外国株型ファンドランキング 2012/6/29〜2013/6/28

2013-07-08
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール





直近1年間の外国株型ファンドの騰落率ランキングです。


ハリス世界株:65.9%
野村世界業種別投資:65.5%
ピクテバイオ医薬品:64.5%
DCニッセイ/パトナム:63.8%
ダイワ米国厳選株:61.8%
ブラックロック・USベーシック:61.2%
ダイワ/ハリス世界厳選株:58.9%
朝日Nvest グローバル:58.4%
フィデリティ・日本・アジア成長株:58%
ピクテプレミアムブランド:57.4%
ブラックロック米国小型成長株:57.2%
野村グローバルコントラリアン:57%
野村ユーロトップカンパニー:56.7%
ダイワ・アセアン内需関連株:56.6%
野村ピクテプレミアムブランド:56.6%
次世代輸送関連株:56.4%
ニッセイ次世代医療:56.4%
三菱UFJ エコ・ウォーター:55.9%
三菱UFJ/メロン イノベーション:55.7%
ラッセル世界環境テクノロジー:55.6%
DIAM外国株<DC年金>:55.5%
フィデリティ・欧州株:55.3%
JPMアセアン成長株:54%
ピクテ・メジャープレイヤーズ:53.7%
JFアジア・オセアニア高配当株:53%
アメリカン・ニュー・ステージ:52.6%
インデックスファンド海外株:52.5%
DC外国株式インデックス:52.5%
三井住友・DC外国株インデックス:52.5%
野村外国株式インデックス:52.5%



上から順番に書いているので、どれもいい成績ばかり。日本株も確かに上昇しましたが、最近はまた売られてきています。相対的に見て、日本株だから上昇した、というわけでもないようですね。むしろ外国から見たら円安というのは悪材料にも関わらず、日本株高と同時に上昇しているわけなので、この辺りのファンドは今後も投資先として考えてもいいでしょう。

中にはDCなどのように、401k用のファンドもあります。それ以外は基本的には皆さん投資できるものなので、外国株資産を考える際にはご参考にしてください。




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村








tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>