スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

フィラデルフィア(Philadelphia)旅行記

2014-03-23
春休みも終わったというのに、マイアミへ行っていて、その前のフィラデルフィアの更新が遅くなってしまいました、、。これでかなり東海岸をまわったことになります(笑)。

philadelphia4.jpg

フィラデルフィアはNYから電車で1時間くらい。昔は東海岸で最も中心だった都市なので、とても威厳のある街です。映画「ロッキー」の舞台としても知られ、ロッキーが訓練のため駆け上がる建物などが有名なのですが、私はそこへ行きそびれました。。その代わりきれいでかわいい街並みをふらふらと散策してきました。

philadelphia3.jpg

philadelphia2.jpg

気候もだいぶ暖かくなって、公園でゆっくりするだけでも気持ちいいですね。

philadelphia5.jpg

philadelphia.jpg

僕が好きなのはアメリカの景色というよりもヨーロッパの景色なのでは?と思うところですが(笑)。そのヨーロッパの名残をこうした東海岸で見ることができるのも趣あっていいですね。西海外のコンクリートで作られた街よりはこっちの方が好きかな。。



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村



tag :

Baltimore(ボルチモア)旅行記

2014-03-15
ワシントンDCの近くにボルチモアという街があります。ここは本当に小さく、のんびりした街。ちょっと離れるだけでもうスラムのようなところが多く、黒人も多い街でした。

私がこの街を知ったのは、野球選手の上原浩治選手がここのオリオールズというチームに所属していたから。まぁ、いる時はあまり知らなかったのですが(笑)、自分がボストンへ移ってきて、レッドソックスに興味を持ちだしてからさかのぼった感じです。。

baltimore2.jpg

またベーブ・ルースが生まれ育った街としても有名。戦後から1960年代の話なので、私が生まれていないどころか、まだ戦後と言ってもいい時代の話です。当時投手だったベーブ・ルースは投手でも成果を残したのに、野手に転向。そこからは皆さんご存知の通り、本塁打をどんどん叩き出す選手となりました。人生どこで転機が来るかわかりませんが、おとなになってからでも十分に変われるということですね。

baltimore.jpg

ボルティモアは港町。といってもこの辺りは観光船やらフランチャイズ店やらでよく見ると作られた感があるのですが、やはり港は綺麗。私もヨットやボートをしていたので、やはりこういうところは落ち着きます。港に一人座ってぼーっとしていました。

baltimore3.jpg

baltimore4.jpg




あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村




tag :

Washington DC(ワシントン)旅行記

2014-03-14
恐ろしく寒いボストンでひきこもりだった私も、学校が春休みということで、どこかへ行くことにしました。いろいろ考えた結果、せっかく東海岸にいるのだから、ということで首都ワシントンを選択。私は人生で世界中に行くつもりなので、あとは順番だけの問題。あともし誰かと行くのであれば、その誰かの意見も尊重しないといけないので、今回のように一人で行くときは、誰も行きたくないだろうな、というところに行きます(笑)。

ちょうどNYへももう一度ビジネスミーティングで寄りたかったので、行きはAmtrak(電車)、帰りは飛行機で帰ることにしました。NYは前回既にご紹介したので、もういいかな?今回はそれプラスブルックリンだけ行ってきました。ブルックリンブリッジで有名ですね。

DC7.jpg

それでは首都ワシントンをご紹介しましょう。日本ももっと安い土地に首都移転(霞ヶ関を全部そっちへ移す)という話だけはありますが、当の官僚がその気ではないので、全然場所を開けてくれません。ここ米国ではそれをとうの昔にしているので、要はここワシントンは官僚がたくさんいる街になってます。つまり我々一般人は行っても大しておもしろくないところです(笑)。しかし大統領演説や「フォレスト・ガンプ/一期一会」など映画でよく使われているところもあるので、一度くらい行ってみても、というところですね。。

私は駅の目の前でレンタサイクルを発見。8ドル/時間ですが、絶対的に効率がいいと思い借りました。

DC10.jpg

しかしその上を行くのがこのセグウェイ。ただどうもツアーのようなものでしか使えないようだったので、僕はパスかな。けど乗ってみたかった!

DC5.jpg

最も感動したのがこのリンカーン像。リンカーンの映画を見ていたこともあり、リンカーンには思い入れがあります。彼も暗殺された大統領です。

DC.jpg

これがホワイトハウス。これです、真ん中の奥の方のちっこいの(笑)。

DC1.jpg

アーリントン墓地までチャリを飛ばします。

DC2.jpg

ここには南北戦争時代からの戦没者が眠っているのですが、やはり特別なのは暗殺されたケネディ大統領。

DC3.jpg

そしてここワシントンにはたくさんの博物館(スミソニアン)があります。インディアンとかもあるのですが、僕の好きなのは飛行機と宇宙船。ここはけっこ時間使いました(笑)。マイアミでケネディ宇宙センターに行かないことにしたので、ここは行っておいてよかったかな。

DC4.jpg

DC8.jpg

最後に、米国の本場マクドナルドはすごい!規模感もですが、更にロボットのようなシステムになっています。究極のマニュアル化というものをここで見れます。あまりにすごいので、厨房も写真撮ろうとしたら怒られました(笑)。

DC6.jpg

DC9.jpg

それでは次はロッキーの街フィラデルフィアです!



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村




tag :

米国(アメリカ)国内の航空券チケットはairfarewatchdog

2014-02-23
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール



これ見てる人はあまり米国内の航空券なんて買わないかな?と思いながらも、住んでいるととても便利なのでご紹介したいと思います。米国は一つの国といってもとても国土が大きいです。私が今いるボストンからNYへ行くだけでも電車で3時間半。これが飛行機だと1時間。他には・・・


ワシントンDC:1.5時間
マイアミ:3.5時間
ラスベガス:6時間
シアトル:6時間



とどこも日本のような小さな島国からすると異国と言っていい距離です。となうとやはり飛行機を使います。更に私のように学生はしているけれど、基本的にはいつでも時間が自由でただ安い時にチケットを取りたいという人にはこの『airfarewatchdog』がぴったり。自分の行きたい目的地をセットしておくだけで、最も安いチケットをメールで知らせてくれます(頻度は自由に設定可能)。例えばボストンからワシントンDCであれば、往復USD100(約1万円)。マイアミなら往復USD200(約2万円)で行けます。

サラリーマンでどこにいつ行かなきゃいけない、という出張の用途や、平日勤務で週末しか休みが取れない、という方はただの価格比較サイトになってしまいます。

国際線も使えるといいのですが、それはまだサービスとしてないようです。情報量が膨大になりすぎてしまいますからね、、。




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


tag :

7年ぶりのNY(ニューヨーク)

2014-02-20
NY22014.jpg


7年ぶりのNYです。ここボストンからは電車で3時間半。狭い日本と違い、海外へ来るとこのくらいの移動時間が当たり前なので、全然慣れっこになってしまいました。日本では2時間かけて大阪へ行くだけでも億劫になるのに不思議なもんですね(笑)。

NY82014.jpg

今回のNYはビジネス旅行も兼ねて。こっちにあるCTA視察も兼ねてでした。7年前、野村證券に勤めている時に、年末年始しかまとまった休みがなくて、たまたまその年長かったので、4泊くらいでタイムズスクエアにあるWHOTELに泊まってカウントダウンを見に来た頃とは感覚がだいぶ違います。

CTAについてはこちら

NY12014.jpg

どちらも寒い時期だったので、きっともっと温かい時期に来たら更にいい印象があると思います。ただ以前も今も共通して感じることは、皆真剣に生きているということ。こんな物価の高い街で、ウェイトレスや消防員から金融マンまで、皆短い人生の中で自分の目的に向かって生きている姿が垣間見えます。

NY72014.jpg

NY62014.jpg

私自身、その街を楽しむ方法も大きく変わりました。今回NYに来るということで、レストランやJAZZを聞けるBARなど、すべて知人からの紹介から入りました。こっちに来て知り合ったエクササイズの会社経営をしているボストニアン(ボストン人)、ファンド会社勤務で以前はNYで学生をしていた台湾人(現在香港在住)、NYで100軒以上レストラン&BAR経営をされていた日本人(現在ロンドン在住)。7年前と比べて自分自身の人生観が変わったということもありますが、それにともなって付き合う人間が変わったようにも思えます。こういう出会がポンポン出てきて、感覚が似ている彼らに聞いてみよう、となるのです。世界のどこにいてもすぐにレスポンスが返ってきて、すぐに答えが出るというのに慣れてきてしまいました。。

NY32014.jpg

仕事の成果については、また近々新しい入門書(マニュアル)をメルマガにてリリースしますので、こちらよりメルマガ登録だけしておいてください。簡単に書くと、米国証券口座を持って、米国本場のCTAに投資をしようというものです。

河合のメルマガ登録はこちら(無料)

NY42014.jpg

NY52014.jpg

NY2014.jpg

さて次に来るのはいつになるのか。ボストンにいる間にまた行くことになるのか。その後も東南アジア、ロンドン、ハワイ、オーストラリアなど、行かなければいけないところがたくさんあるので、ちょっと先になるかもしれません。その時までにまた何かしらの進歩がある人生でありたいな、と思います。




今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村





tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。