仕組預金とは?

2015-10-14
仕組預金とは10年など一定期間預金する代わりに、また中途償還を決める権利を銀行側に委ねることで、通常の金利よりも少しだけ高い金利をもらえるというものです。各通貨建てのものがあるようですが、円預金であれば当然中の運用は日本国債なのでそんなに金利はつきません。現在の条件で年利0.5%前後です。

現在の10年国債利回り(直接金融)が0.3%前後ですから、それよりも毎年0.2%ほど仕組預金の方が良くなります。これは以下二通りの方法で良くなるように設定されています。

・国債のオプションを使ってプレミアム収入をもらう
・預け入れ通貨と運用通貨を変えることで、為替差益と金利差益を取る


つまりオプションなどデリバティブ(金融派生商品)と呼ばれる難しいものや、為替という見えないリスクを銀行が負い、元本を保証して少しだけ高い金利をつけてくれるというものです。

これだけ聞くととてもいいもののように思えますが、主なリスクは以下の2つ。

・期間が3年、5年、10年と比較的長く、中途解約は原則できない
・中途解約をする場合は、オプションなどのコストと為替リスク、債券の下落リスクを全部負わないといけないので、損をする可能性が大きい


あとそもそも中でどんな運用をしているかわからないので、何を保有しているかハッキリわかる直接金融の債券の方が預けやすいと思います。ただやはり「預金」という名前で銀行の店頭で申し込めると、マーケティング的になんだか安心な商品のように見える商品ですね。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

訴訟ファンドとは?

2015-03-30
今話題の訴訟ファンド。今イギリスで新しい種類のオルタナティブ投資として注目を集めています。

※オルタナティブ投資についてはこちら

先日最大手のBurford社の記事がBloombergに出ていましたね。

※Bloomberg記事はこちら

訴訟ファンドとは、企業や個人が訴訟を起こしたい時にファンドが彼らにお金を貸して、勝訴した際の賠償金の一部を成功報酬として受け取るというものです。明らかに勝てる訴訟でも資金がなければ弁護士も雇えませんし、訴訟することすらできません。そんな彼らに小口から資金供給し、国際弁護士などで強い弁護士を紹介し、勝訴に導く手法を持っているのがこの訴訟ファンドの特徴です。

ファンドにとってのリスクは敗訴。負けたら訴訟費用は無駄となります。けれどそんな訴訟専門の保険があるらしく、敗訴した時にはその費用は保険によってまかなえるそうです。つまり訴訟ファンドにとってのこの場合のリスクは、保険費用のみということになります。

先ほどの最大手Burford社のファンドの資産残高がUSD 500mil(約600億円)。そのうち投資先がたったの32件でUSD 290mil(約360億円)ということなので、相当大きな企業訴訟をメインに行っていると思われます。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :

デノミネーション(通貨単位切り下げ)とは?

2015-03-30
預金封鎖と同時に日本のように国が破綻する時にはもう一つの決定的政策があります。それがデノミネーション(通貨単位切り下げ)です。

デノミネーションというのは、通貨単位を切り下げる行為のこと。例えば日本の通貨(日本円)の価値(単位)を1/100に切り下げると政府が決めれば、今の1万円という紙幣の価値がその日には100円の価値しかなくなってしまいます。富裕層?と俗に呼ばれている資産1億円を持っている人たちも、たった100万円の資産しか持たないことになってしまいます。

おいおい、何を言ってるんだ?と思いますよね(笑)。私もそう思います(笑)。散々まともな投資や経済のことを5年間も書いてきておいて、そんな吹っ飛んだ話、なんで今さら書くんだろう?と思いますよね(笑)。けどこれ本当に起こりえる話なんです。もちろん完全に、100%モラルハザードな話ですよ。けど国という組織が成り立たなくなった時、そんなモラルなんてものなくなるんです。戦争の時もモラルは書き換えられましたよね?富国強兵、大東亜共栄圏を作るんだって。。あれと同じ。起こる時は起こるんです。

なんでそんなモラルハザードを承知でしないといけないんでしょう?ポイントは国の借金(国債)です。今1000兆円くらいありますよね。毎年50兆円ずつくらい増えていって、10年で倍になりました。国民から借金をして偽りの景気を作り続けてきたこの20年間ですが、それもいつまでも続けられるわけないですよね?だから通貨単位を1/100にして1000兆円の借金を10兆円にするんです。10兆円だったら、頑張れば1年で返せます(笑)。

1/00というのはあくまで例えばの話なので、具体的な比率はわかりません。どんな基準でどんなモラルで決めるのかもまったくわかりません。けれど都合の悪い真実に国の数字を合わせるという行為であることはたしかでしょう。

過去、既にデノミネーション(デノミ)を行なってきた国をここにまとめます。


1993年:ウルグアイ(1/1000)
1994年:ユーゴスラビア(1/10億)
1998年:ロシア(1/1000)
2005年:トルコ(1/100万)
2005年:ルーマニア(1/1万)
2008年:ジンバブエ(1/100億)
2009年:ジンバブエ(1/1兆)
2009年:北朝鮮(1/100)
2009年:鳩山由紀夫首相がデノミネーションを検討。政権交代により実施されず。



実際に6年前日本も検討をしていたことは明らかになっています。そこから更に国債残高は増えています。いつ検討するのか?そんなもの完全なインサイダー情報で我々一般人にはわかりません。起こる時は突然起きます。

デノミ対策としては簡単。資産を外貨にしておくだけです。既に円安が大幅に進行してきているので、多くの方が資産を外貨にしているところでしょう。けれどそれでも日本国債の借り手がまだいるということは、まだまだ外貨にしていない方が圧倒的に多いという証拠でしょう。みんなが外貨にしていたら、国債の買い手がいなくなり即破綻だからです。

逆に事前にデノミをわかっていて、事前に資産を外貨にしておいて、デノミ後通貨を買い戻したことで裕福になったのが一部のロシア人富豪です。投資で勝ったということですね。だから日本人にとって外貨にしておくということは、

・預金封鎖対策
・円安対策
・デノミ対策
・金利を取る


ということで、いずれにせよ意味のあることだと言えますね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :

オプションプレミアムとは?

2014-07-29
オプションとは金融デリバティブ(派生商品)とも言われています。

オプションにも色々種類がありますが、通常ファンド運用で用いられるのはコール・オプション(買う権利)を売却するです。以下の表をご覧下さい。

世界高配当プレミアム2

こちらにあるとおり、オプションは権利を売ることで、オプション(プレミアム)収入をもらいます。要は権利収入のようなものです。金利だと考えてください。

もらえる額は大したことありませんが、この権利を売買することで、上がった、下がっただけで得した、損したという以外の選択肢ができることになります。こちらをご覧下さい。

世界高配当プレミアム5
世界高配当プレミアム7

この場合のオプション契約では、いずれの場合(株が上がろうが下がろうが)もオプション収入はもらえることになり、その金額分株価が下落しても損をしないということになります。ただ単純に株価が上昇した場合、本当はオプションなど持っていなかったほうがもっと儲かっていたのに、というだけのことになります。そう、要はオプションとは保険のことですね。

こうして単なる株式投資を計画的な金利収入の手段とすることができます。個人投資家が個人でオプションを使って金利を取るなんてできませんから、こういうものこそプロの運用者に運用してもらったほうがいいということになります。



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :

クレジット・ローン(貸付)とは?

2014-07-07
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


最近、弊社で人気のオフショアファンドの戦略の一つ「クレジット・ローン(貸付)」のご説明をします。

クレジット・ローンとは単純に資金を借入するということ。ファンドから見るとお金を貸す(貸付)ということですね。

企業がお金を借りる時、通常だと銀行へ行きます。ただ銀行のデメリットが以下のとおり。


・審査に時間がかかる(最短3ヶ月)
・審査する銀行員が企業経営の素人
・今のように景気が悪い時は、リスクを取ろうとしたがらない
・担保が必要
・借入実績が必要(新規の貸付、ベンチャー投資はしない)



これでは企業からすると、必要だという時に資金調達ができないし、借りられないというリスクが大きくあります。

そのため企業はたとえ銀行の借入金利よりも高い利率だったとしても、ヘッジファンドのような投資のプロが自分たちのリスク管理の基にお金を貸してくれるところからお金を借ります。これがクレジット・ローン(貸付)という戦略です。貸付金利はファンドによりますが、現在の低い政策金利の水準では、10%台の金利です。

貸付対象企業はオフショアファンドであれば世界中の企業。企業規模は年商が数億円くらいの中小企業が多いです。

貸付期間は平均1年。それほど長い長期投資はしないので、事業のブレというのも少なくなります。そして当然、貸し倒れリスクも低くなります。

企業の資金調達の一つとして、ベンチャーキャピタルという手段があります。彼らはあくまで将来上場(IPO)というEXITがあるからこそ投資をする集団です。期間は最短3年。つまり彼らは上場をするような企業以外には投資しません。つまりクレジット・ローンをするような投資対象とはまた異なるということですね。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>