FC2ブログ

与える人間、与えられる人間、一人で生きる人間

2018-06-25
なんでもタイプ分けするなと言われそうだけどw、現実的に38年生きてると、色んなタイプ分けがあるけれど、こういう分け方をすると3通りで分類される。

1)与える人間
2)与えられる人間
3)一人で生きる人間


私もそうだけど、1)与える人間というのは常に

「私が会社に、社会に、顧客に、友人に何ができるかな?」

という思考で物事を考える。
そのために自分ができることを増やしてき、最大限をそれをTPOで発揮できるよう行動していく。
タイプ的には必然的に経営者に多いと思うけれど、経営者でも政府に、取引業者に、既存客に何かを与えられることだけを待っている経営者も多く見るので、一概に経営者だから、というわけでもないと思う。

対して、こうした1)から与えられることを待つ人間たち。これも同じくサラリーマンだからとか、士業だからとか主婦だからと分けられるわけでもないと思うけれど、与えられることを待っている人達というのは決まって、

「今季の目標はなんだろう?」
「〇〇さんがこう言っているから」
「〇〇協会がこういっている」
「この業界はこうすることが慣習」


という何を誰に与えられるか?思考になっている。
これは考え方、姿勢であって上記職業の中でも色んな人がいる。
サラリーマンでも会社という組織の中で自分ができることを最大限発揮するために生きている人は自然と経営感覚が磨かれ、役員になっていく。
そうでないとずっと平社員(給与&賞与)の世界で生きる。

士業でも資格を取った後ビジネスとして努力していく人は自然と与える人間思考になっていく。
でないと客もついてこないし、収入にならないからなんだけど、それがわからない人はただ資格取って、みんながしてるからって独立して、客に仕事を与えられることを待っている。

主婦も・・・同じだと思うけど、プライベートなことと、自己肯定の主婦が多いのも事実だから、あまりここは触らないようにしよう(笑)。

いずれにせよ与えられる人は与えられることに待っている習慣が板についてるから、与えられることを期待していただけで自分では十分なことを自分からしてこなかったにも関わらず、結果が伴わないと他人批判に走る。
こっちがマジョリティだから社会は面倒くさい。

営業マンもこっちが多い。
客に買って欲しい、この人お金持ってそうだからってすり寄って来てるのは自分にも関わらず、買ってもらえないと、否定されると逆否定(逆ギレ?w)に走る。
与える人は、それ知ってるから、与えられることを待ってるだけの営業マンは関わらないか、ハッキリ拒否します。

最後に3)一人で生きる人間。

社会って競争社会で、こういうのはあって当たり前。
与える側と与えられる側両方を見ていると、与えるほど責任感を持ちたくもないし、自分にその器量もない。
けれど与えられる側は、上の顔色を伺わなきゃいけないし、自分の自尊心も傷つく。
だから一人で生きよう、って1)、2)から逃避する人もたくさんいる。
結果、一番楽な一人で生きていくことを選ぶ。
けどこの人達もたまに誰かと関わると与えられる人間になる。
与える器量はないから、結果そうなるよね。
けどそこで一人ではないから必ず不満が出てくる(与えられる側にも関わらず)。
自分は自分ってわけわかんない正当性を出してきて、与えてもらってるものだけもらうことを当然のようにもらっていく。
そしてまた一人の世界に戻る。

これを何度も何度も年齢関係なく見てきた。
そしてその人がどんな人かって見極めるのって意外に簡単で、今現在その人がどの姿勢で物事を考え、発言し、行動してるか、っていうのを見ると、どのタイプの人間なんだってすぐわかる。
そして・・・

どのタイプと付き合いたいか?
この社員はどのタイプか?
この営業マンはどのタイプか?


というので自分が付き合うのかを決めるといい。
2)の人はむしろ1)の人の方がメリット大きいから近づいていくことになると思うし、3)の人は3)の人と付き合うことが多いと思う。
けど1)の人は与えることに慣れてるし、与える対象になる人は1)ではないだろうから、2)と3)の人をいかにうまく付き合って、いかに価値を創造していくか?という思考になる(結果、社会や会社に価値を与えていくことになるから)。

tag :

本当に相手のことを考えて言う人、好かれるために言う人

2018-05-29
自分自身もそうだし、友達や同僚、顧客もそうだろうけど、人と関わっていく上で2種類の対応の仕方があります。

1)本当に相手のことを考えて、その人にとって最も良いと思うことを話す。
2)その人が言ってほしそうなことを言ってあげる。


なんかどっちも悪い人ではなさそうですよね(笑)。けれど内容自体は結構真逆なことが多いと思います。

人生は厳しいもので、困難がたくさんです。プライベートであれば、結婚、離婚、トラブル、家族紛争など。投資であれば損失。保険であれば人情で加入してしまった保険が実はどうしようもないものだった、などです。

そんな時、プライベートだったら友達に相談してた時の反応が、イエスマンだったら2)のタイプ。あなたにとって居心地の良い関係、気持ちをごまかせるようなことを言ってくれます。もちろんそれが悪いというわけではありません。けれど実際に問題解決や人生の本質に近づけるかといえば違いますよね。

そんな時必要なのが1)のような人。あなたのことを本当に理解し、あなたにとって辛いことでも、現実であればちゃんとそれを事実として伝えてくれ、一緒にそれに向き合って問題解決策を探してくれる人。だからといってなんでもその人に任せっきりもよくありません。あなたがちゃんと自律するため、ゆっくり歩幅を合わせ一緒に横で歩き、時には後ろに下がり、最悪の場合はセーフティネットになってくれるような存在です。

我々のようなビジネスでいうなら2)は証券マンや保険屋に多いパターンですよね。証券マンは相場が上がってる時には「買いましょう」と言い、下がりだすと「売りましょう」と言う。だからいつも顧客は損をしてしまいます。本当は1)のような証券マンがいたら、下がっている時に「買いましょう」と言い、上がってる時にちゃんと「売りましょう」と言ってくれます。

保険屋だったら

2)「あなたガンになったらどうしますか?」
「万が一のことがあったら家族は大丈夫ですか?
「みんなこれ(保険)やってますよ」


と言う。
けれど本当は・・・

1)「その保険無駄ですよ。やめて無駄な保険料払うのやめましょう」

と言ってくれる保険屋さんが本当に信頼できる人です。

はい、もうおわかりかと思いますが、弊社K2は私を筆頭に、すべてのスタッフ(アドバイザー)はこの1)の立場でいるようにしています。というか私がわざわざそれを言わなくても彼らは最初から1)のようなアドバイザーだったから、うちで私と一緒にやっている、と言ったほうがいいかもしれませんね(笑)。

いつもどっちかが正しくてどちらかが間違ってる論をしたがる人が多いので、敢えて繰り返して言いますが、どちらが正しいという話ではありません。あなたが何を求めているか?です。楽な人生、とにかく悩むことから逃げたい方は2)。誤魔化して生きるのはもう嫌、本当に自分がしたいこと、自分にとって良いことをしていきたいという方は1)が必要です。あなたがどちらのタイプかだけは、あなた自身が決めてください。
tag :

反応を待つ日本人、まずは自分の伝えたいことを伝える外国人

2018-05-26
海外にいて日本人といることってそんなないけれど、今回たくさんの日本人と海外に来て時間をすごして決定的に感じたことが、

「日本人は相手になにか言ってもらう(してもらう)ことを待つ」

ということ。
で、よく現地でコミュニケーションが成り立たず沈黙となり、

「で、一体何がほしいの?」

と聞かれるハメになる。。
自分からお店なりミーティングなりに来ておいて、何も目的を伝えないでただ反応待ってるっていう感覚が外国ではたぶんありえなくて、???となる。

海外で住んで日本に帰ってきて、べつにこれは海外で住むからそうしたほうがいいんじゃなくて、日本に住んでいて日本人同士だけで日本語だけでコミュニケーションを取るような環境にいたとしても日本人にアドバイスしたいのが、

1)自分の意思はちゃんと持とう
2)自分のしたいことはちゃんと伝えよう
3)わからないことがあればもちろん聞こう
4)なんでもYESではなくNOも言おう
5)自分が常に自分の人生の当事者であろう


そしてオマケで人生の成功を目指す人達には

6)自分がそこの経営者だったら、という立場で物事を考えよう
7)どの人間にも(レストランのウェイターやビジネス関係にあるビジネスマンにも)彼らの人生と人格があり、何かを達成するために、人生を楽しむためにそこにいるということを感じよう


というアドバイスも付け加えておきたい。
当事者にならず外から与えられたことに反応するだけの人生を送っている人は、必ず失敗した時に人のせいにする。
そんな残念な人生で嫌な思いするのは自分自身だよね。
tag :

K2公式LINE@とオンラインサロン(インスタグラム)始めました。

2018-05-26
時代の流れとともに、顧客のニーズも読者のニーズも変わっていきますよね。私が会社を始めた当初(2009年)はほとんどブログで完結する時代でした。ちょっとmixiがありましたが、匿名でできるサービスは詐欺、誹謗中傷ばかりでひどいものでした。それがTwitter、Facebook、Youtubeと移り変わっていき、今だとLINE、インスタです。

ということで弊社も遅ればせながらK2公式LINE@を開設することにしました(無料)。これによりブログやFBなどよりももっと相互交流的に、一対一で情報提供とコミュニケーションをしていけるようになりました。まだ開設したばかりでこれから徐々に情報配信していく予定ですが、wwwではない分、もう少し突っ込んだ内容を直接皆さんに送れると思います。



友だち追加


そしてたまたま同時期にSHEERにいる友人から限定オンラインサロンのお誘いを受けたので、始めてみることにしました。こちらはインスタグラム。私個人でもインスタグラムをしていますが(ID : hehegui721)、ここは完全に私個人のプライベートなことだけを上げています(投資の話とかほとんどありません)。それとは別に有料(5000円/月)のアカウントを作ってもらいました(ID : kawai_elounge)。ここでは私のゴールド会員と同じ感覚ですが、毎月の動画セミナーを送るのではなく、インスタグラムで

<最新海外ファンド情報>
新規オフショアファンド情報(実名)
(実名)オフショアファンドのパフォーマンス更新
海外ファンド会社視察(実名)
海外投資トラブルシューティング

<最新海外保険情報>
(実名)海外保険の試算表を解読
日本人でも受けてくれる海外保険会社(実名)
海外で年金準備、学資準備、死亡保障
海外保険規制最新情報

<最新海外口座情報>
使い勝手の良い海外口座(実名)
香港、シンガポール、スイス、米国、オフショア口座情報
海外でクレジットカードを持とう
CRS(マイナンバー)対策


を伝えていこうと思います。当然画像入で、全て実名で、私が海外にいて仕入れた最新情報を(たぶん日本では他にどこでも手に入らない)、手元のスマホで外にいてもどこにいても確認することができます。もっと投資が、海外が、海外の金融商品が身近に感じられるようになるのではないかと思います(実際すぐそこにある)。

入会はどうもインスタグラムからのフォローではできないようなので、こちらSHEERさんのHP(オンラインサロン)からお願いします。

※SHEER詳細&入会はこちら
(なおこのインスタグラムは中国語、韓国語に自動通訳されていきます。)
tag :

米国保険研修報告 2018.4

2018-04-15
うちのスタッフとパートナーとでハワイで3回目の米国保険研修に参加してきました。前回から気づいたら3年もたっていたようで、時間がすぎるのが早いのと、その間に積み重ねた経験で自分のレベルアップを感じることができた研修でした。

詳しくはまたしっかり整理して、弊社メルマガ、セミナー、ゴールド会員動画セミナーでお話しようと思いますが、ここではざっくり研修内容をまとめておきたいと思います。

<米国保険>
Universal Life(UL)
Index Universal Life(IUL)
固定金利年金
即時年金

<オフショア(ケイマン、バミューダ)保険>
Universal Life


そして、それぞれ契約できる条件が異なり、

<米国保険>
・要LLC
・米国銀行口座
・米国での健康診断
・米国での契約
・米国での15日間の滞在(過去1年)

<オフショア(ケイマン、バミューダ)保険>
・米国での健康診断
・米国での契約


また税制(米国)については・・・

<米国保険>
解約返戻金:保険料7年払いで非課税
死亡保険金:非課税

<オフショア(ケイマン、バミューダ)保険>
解約返戻金:非課税
死亡保険金:非課税


となってます。
なお当然ですが、米国保険、オフショア保険の数字は日本と比べたら数倍(年齢にもよりますが)の死亡保険金と保険料の差が出ますので皆さん加入された方が良いいうことになります。
あとは上記点を踏まえて、

・どこの(米国orオフショア)
・どの商品を
・どのような設計で
・いくらの保険料or保険金で


するのかを我々アドバイザーと個別相談の上決めていくことになります。
それぞれの商品の詳細はこちらの入門書にまとめてありますので、一度読んでみてください。

※『海外終身保険入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『海外固定金利年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『海外即時年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『海外終身年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)




tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>