世界の国々の人達のステレオタイプを一言で表すと・・・

2017-03-04
私は海外生活をしていることもあって、結構色んなところへ行っている方だと思います。そんな私が誰かと話している時に、〇〇という国の人達はどうだった?と聞かれる事が多いので、一言で例えるようにしています。こんな具合です。


アメリカ人:ヒーローになりたいガキ
ハリウッド発のヒーロー者映画からもわかるように、ハリウッドの映画の多くは正義の見方と悪の敵がいて、ヒーローが勝つようにできています。アメリカ政府も自分達が世界のヒーローであるかのように世界に干渉し、自分たちの都合の良い世界を作っていきます。国民はそこまで考えてはいませんが、自分がヒーローであるかのように振る舞う様は、子どもがそのまま大人になったという感じです。※ただこれはちょっと西海岸の色が強いかな。

イギリス人:’ジェントルマン’クラブ
’’は海外では「所謂」という意味。つまり皮肉って言っているわけですが、彼らはヒーローの代わりにさも自分たちがジェントルマンであるかのように振る舞います。逆に言うとジェントルマンのように振る舞わないことを否定し見下します。女性はレディースであることを心がけ、社交場ではそれっぽく振る舞いますが、陰口だらけの世界。日本とも似てますが、ジェントルマンクラブであるイギリスの方が陰口は多いのではないでしょうか。ちなみにジェントルマンの言う「レディースファースト」は「どうぞお先に死んでください」という意味らしい(英国人談)。

フランス人:セラヴィ(それが人生)
フランス人はなんでも個人&自由主義。そして物事をわざわざ裏から見て皮肉を言う。複雑であることが人生と誇示するかのように、wifiパスワードもやたらと長くて入力するのが大変。けれど自分たちは過去一度も戦争で負けたことがないと平気で言っているくらい自信過剰で間違っていてもそれを貫き通す(ナポレオンも負けてるし、ヒトラーもParisを占拠しました)。何度タクシーで目的地とはお門違いのところに連れて行かれたことか。。。フランスでは絶対にUBER使うことをオススメします。

ドイツ人:哲学という名のノイローゼ
ドイツの大学は3つ専攻があるくらい、みっちり勉強させられるそう。食事の際の会話に哲学が多く、その食事は一日5回同じようなパンとソーセージ(サラミなど)とチーズを食べる。ナチは悪いと徹底して教育されていて、戦争の話をする時は常に暗い顔。日本人と似て仕事にも勤勉で製造業も豊かで年次休暇もしっかりあるし、週末はキャンプやBBQをする。それでも精神的に病んでいる人が多いのは?理由はわかりません。

スイス人:プライベートクラブ
ドイツ人系、フランス人系、イタリア人系といるので、ルーツや文化はそれぞれなのに、やはり富裕層しかいないからか、スイス人となるとゆとりのある人達となる。物価も高く、自主規制がしっかりしている姿はさながらプライベートクラブ。

イタリア人:マザコン
地元大好き、イタリア大好き、サッカー大好き、ファミリー大好き。世界中で一番美味しいのはママの手料理。

スペイン人:頑固おやじ
ラテン系のオリジナルなのかと思いきや、かなり保守的な頑固っぷり。けれど夜は9時スタートで深夜まで毎日みんなで飲んでいる。

ポルトガル人:原始人
アジアの中国的存在がヨーロッパのポルトガル。人はすごくいいが、頭が弱いのか先進国の経験がないからなのか、こうなるかもとかこうなるだろうということが考えられないみたい。車は常にアクセル全開で、ブレーキ全開。

オーストラリア人:パーティーピーポー
シドニーはクラブのメッカ。温かい気候とサーファーが多いからか、皆陽気で気さく。人種差別も少なく、酔って人種関係なく騒いでます。

NZ人:ゾンビー
常に突進。譲ることも退くことも知らないのか皆農民なのか、車の数も人の数も少ないのになんでもないところで渋滞するし事故が起こります。そして訛りすぎで何を言っているのかわからなく、笑顔や感情の表現が乏しい辺りがまるでゾンビー。

中国人:ザ共産党
人民は多民族なので、こうというのは言い難いけど、中国政府が言う中国人は要は漢民族中心の国家のことで、漢民族の特徴をあげるとまさに世界最後の共産党。政府に期待せず、社会にも期待せず、お金と家族を信じる。その脱力感のオーラはすごい。けどそれこそ毛沢東が言っていたように、資本主義に毒されきってないので、意外に日本人よりも人が良かったりする。

台湾人:昭和の日本
昔50年間日本だったわけで、その戦後良かった日本をそのまま継承しているのが台湾。けれど彼らの中国人だという認識は強く(中華思想)、けれど国家は大陸(中華人民共和国)とは別物だという共通認識。我々日本人が会話をすると中国人というよりもむしろ日本人に近い。けど現代の日本人よりかなり人がいい。

香港人:マシン
全員メガネをして全員広東語を話す。彼らが北京語を話しても英語を話しても広東語訛で、広東語を話してるとしか感じない。。英国統治が長かったので、彼らは自分たちは中国人じゃないと言っているけど、中国にも台湾にも日本にもいた私からすると最も似ているのは中国人。ボスである英国人(エキスパット)にとって使い勝手がいいように徹底してマニュアル化され、皆同じことを考え、同じことしか言わないそれはまさにマシン。エキスパットばかり給料が高くて、一向にサラリーが上がらない香港人は、会社にロイヤルティはなく、転職を繰り返す。

韓国人:ライヤー
同じ儒教の思想があるのに、韓国人と日本人って徹底的に合わないと思う。韓国では表面的礼儀が求められ、日本では本質的礼儀が求められる。表面的礼儀が求められる韓国では、日本でいう「上辺だけの愛嬌」に終始し、そこに真実はない。約束をしても上辺だけの会話なので、それが履行されることはない(というか覚えてもいない)。約束ではなくただの「上辺だけの会話だったよね」というのがむしろ暗黙の了解。歴代大統領、国連事務総長、サムソン社長など、偉い人になってもそれが徹底されているよう。。これが韓国式キリスト教になるともっと理解できない。。。

エジプト人;死の商人
産業が観光業しかなく、その観光も先祖の墓をもってお金にしている。観光客を騙すのが当たり前で、時にはスリも当たり前。ビジネスというよりは商人がいかに鞘を抜くかというのをいつも考えている様子。

日本人:日光猿軍団
猿使いに見世物にされて餌をもらっている。猿には猿の世界が当たり前で、人間の世界を理解できない。手元にもらったりんごを喜んでいるか、他人のりんごをを取り合っている。最近は日光猿軍団がいたことすら世間に忘れられかけている。


私自身、偏見持たない上に超リアリストなので、事実は事実として受け入れた上で、自分がこういう事実を踏まえてどう彼らと接していくのかを決めます。ただ旅行で行くならそんなに現地の人と関わることないだろうし、日本だけでビジネスやってればこれまた関係ないと思います。あと日本語でコミュニケーションを取る限り、日本人を理解している外国人しか関係しないと思うので、これまた特に気にする必要ないと思います。

世界で現地の生活をしようと思っている上で、どの国がいいかな?と考える人は参考にしてみてください。
tag :

運気を好転させる4つの決定的要素 〜リチャード・ワイズマン

2017-02-27
イギリスの心理学者リチャード・ワイズマンが特定の人がなぜ運がいいのかを10年間かけて研究したそうです。結果、彼らに共通していえることはこちら。


1)運のいい人はチャンスの数が多い。
自信があって出会いが多く、打ち解けやすい。
いつも落ち着いていて、新しい経験を受け入れる。

2)運のいい人は直感を信じる。
直感を信じるということは無意識に正しい選択をしている。

3)運のいい人は将来をポジティブに考えている。
未来はもっと良くなると信じているため、諦めること無く努力し続ける。

4)運のいい人は不運を不運だと解釈しない。
何事もポジティブに捉えるため、不運なことが起こっても動じない。
不運を不運と思わない。



運がある人からすれば当然という内容ですが、運がないと感じている人はまず自分自身を洗脳するところから始めたほうが良さそうですね。ビジネスにも人生にも運は必ず必要です。いくら努力をしても運がなければ成功も幸福もないでしょう。
tag :

日本の大企業&中小企業論

2017-02-24
僕はソフトブレーンの宋さんという人が好きで、2000年代に出てる本からメルマガから一通り読んでると思います。そして今も継続して読んでますが、日本の大企業、中小企業に対しての記述がありました。私は野村證券にいたけれど、最初から辞めるつもりで入って今のようなビジネスをしています(起業するとは思ってなかったけど)。そして日本の大企業や中小企業の人達との距離がすごいできてしまっていて、サービス業の交流はたくさんありますが(笑)、彼らとの交流はほぼゼロに近い状態です。有料相談のクライアントさんと会う時くらいでしょうか。そんな私が私の主観で書くと大抵大多数の方(日本は大企業、中小企業勤めの方が多い)にあまりいい印象は持たれないと思うので(笑)、今回宋さんを引用させてもらいます(笑)。


名門企業に入った社員が中小企業に来るはずがありません。東電、東芝、シャープ、ソニーなどの名門にいる社員達は「自分が誰か」よりも「自分がどこに属するか」のほうが大切です。自分がどう生きるかではなく、どうやって無事に退職できるか、どうやって組織内のピラミッドをよじ登るかが彼らの目標です。

辞める人がいないため、東芝で中途採用の社員に会ったことがありません。話によると東電の約5万人の社員にも中途入社の社員は一人もいなかったそうです。自社しか知らない、自社にしか適応できない社員の中から誕生した社長が、大きな井の中の一番大きな蛙であり、ガラパゴス島の王者です。人脈が広いが、視野が狭い。順風に強いが、逆風に弱い。気が大きいが、肝が小さい・・・。



どう生きるかは個人の自由ですし、家族もいて保守的になるのもわかります。けれど日本の企業が世界で競争に勝てない理由も世界的なベンチャー企業が生まれないのもここから来てると思います。そんな生き方を選んだのも、そんな会社を選んだのも、そんな日本を選んだのも自分自身だということを理解した上で、保守的なポジショントークをぼやき続けるのではなく、前向きな人生を歩んでほしいと思います。

※書き方としてこういう大企業論になりますが、大企業や中小企業の社員でも魅力的な人はいますし、ニュートラルなバランス感良い人がいるのも知っています。個人的にはそういう人と今もお付合いしています。
tag :

アドバイザーを仕事にしたキッカケを思い出した。

2017-02-20
先日東京にいる時に会った弊社パートナーの一人(保険会社セールスマン)に、その方が転職をする際に全く関係ない異業種から保険会社への転職だったため、どうして保険会社のセールスマンになったのか?と聞いたら、家庭教師をしている時にこういう人のためになって感謝されることをしたいって思った、って言っていたのを聞いて、そういえば自分もそうだったなと思い出しました。

今更こんな昔の話かよ・・・って思われるかもしれませんしw、ずっと前このブログを書き始めた時に既に同じこと書いてるかもしれませんが(これだけ長くやってると何を書いたのか覚えてない)、、私も実は家庭教師をやってました。あと1対2の個別指導塾の講師もやってました。期間は青学生の時と、大学卒業後中国へ留学するまでの間の半年間。特に思い出深いのはその半年間の方で、半年間って今思うと短い期間ですよね。2月頃から始めて9月には中国に行くんです。担当を思っていた小中高の英国数とたまに社会(歴史よりも政治経済が好きでしたw)を教えていたのですが、最後まで面倒見ずに辞めちゃうんです。今思うと無責任ですが、そんな短い期間でもすっごい慕ってくれるんです。授業中はもちろんですが、休みの時間とか自習時間とかに質問してくれるんです。国語とか絶対子どもからしたらつまらない教科も(国語の先生すみません、、)自分の体験談から勉強のコツを教えてあげると、一から問題時出してるんです。自習室で。普通国語なんて一番後回しにするような教科ですから(国語の先生本当にすみません、、)本当嬉しかったものです。

大学在籍時の就職活動で、多分に漏れず自分のしたいことが見つからず悩み、留学がしたかったけれどお金なかったから米国ではなく中国へ行き、もう一度何がしたいかを考えた時にお金(投資)の仕事をしたくて、しかも塾講師の経験からアドバイザー(実際にはセールスだったけど)の仕事をしたいって野村證券の面接で私の証券のメンターである当時の支店長に話し(その後退社した後も不思議な縁が続いている)、採用してもらって野村で4.5年勤めて自分で会社始めて。事業が投資以外にも保険、海外口座、パートナー事業って増えても、結局何がしたいって人のためになることをして、その人の目標を叶えてあげたいっていうことなんだなって思い出しました。おいおい、忘れてたのかよ・・・って思われそうですがw、忙しくビジネスをして最前線からちょっと離れてしまうと、ちょっと忘れそうになってしまうものなんです(笑)。

ということで、これを思い出させてくれたのもパートナー事業を始めたからですし、我々にとってパートナーさんたちも大事なクライアントさんです。一緒に事業を拡大させて、もっと多くの人達のためになりたいです。そのためになら自分の時間をどれだけ使ったっていいですし、面倒なこともストレスあることもやります。(もう2月も半ばですが)今年の一年はこれが軸に枝が生えてく形になりそうです。やってて楽しいです。
tag :

頑張るバロメーター

2017-02-12
「頑張る」という言葉はかなり曖昧で、頑張る度合いなんて人それぞれだし、本人が頑張っても人に認められなかったり結果が出なかったりしたら意味ないんじゃないの?という話もあります。

そしてそもそも頑張れないという人もいて、そういう人は結構致命的で、何事も人生で成し遂げられなかったりします(もちろん何事も本人がそれでいいならいいという話ですが)。そういう人は置いておいて、頑張ろうと思ってる人達はただ漠然と「頑張ろう」と思って行動しているだけじゃなくて、「頑張るバロメーター」が必要だと思います。

「頑張るバロメーター」というのは自分にとってのバロメーターで大丈夫です。なんでもいいから自分自身の基準を見つけて、それを目指して頑張る。大事なのは基準、目標を定める、ということです。

例えば、営業マンであれば、いきなり月間のコミッションや年間コミッションを定めてそれを目指したって、その間の過程が曖昧になってしまいます。だからまずは一日、毎月、何件電話をする、とか何件名刺交換をする、何件顧客と面談するって決めるんです。自分がどんな武器(売る商材)を持っていて、何%の確率で会えて、何%の確率で約定できるかというのを自分のデータで取っていくんです。最初はシミュレーションでいいですが、そのデータがそもそも自分の営業レベルなら何件ファーストアクション(電話など)を起こさないといけないな、というバロメーターとなります。そうすれば逆算して、自分の目標数字の分、ファーストアクションを起こせばいいという安心感と経営戦略につながります。そして約定率を高めるために、自分に何が足りないのか?どのスキルを伸ばさないといけないのか?を真剣に考え、改善していくことになります。時間の価値を知って、仕事以外の人生も楽しむために、時間を効率的に使いたくなるからです。

例えば、女性を口説く時(すみません、男性目線で)。口説かなくてもいいのですがw、自分の目標が結婚や誰かと付き合うことだとします。まず見た目、話し方、引出しの数、ユーモア性など、自分自身を客観的に見直します。そしてFacebookでもなんでもいいので、自分ブランディングをします。ちょっと上のこういう風になりたいな、こんな自分ならなれるな、というのでいいです。これをバロメーターとして自分を成長させていきます。ここからは余談ですが、個人的には女性は口説くものじゃなくて、自分と一緒にいたいって思わせるものだと思ってるので、そう思ってもらえたらOK。あとは男性から声をかけて、ディナーに、デートにリードしてあげましょう。

ちなみに私の「頑張るバロメーター」は、

全てのことにおいて優先順位をつけて、最速で全てをする

です。仕事もいくつかのプロジェクトが常に併行していますし、プライベートも充実させたい。本も読みたいし自己研鑽も常にしたい、ってなるとこれが私の答えで、どれも自分の中での最速で集中してすると覚悟を持って必ずすることで、自分の中での最大限の頑張ることをしていることにしてます。この答えは決して引き出しを作ってから、能力を上げてから、バロメーターを図ってから決めてるわけではなく、それらを身につける過程でも最初から決めています。たぶんこれは私自身の性格と特技を照らし合わせた結果出てきた答えだと思うので、皆さんが皆これが一番だという答えではないでしょう。

ということで、なんでもバロメーターが必要だということです。ただなんとなく時間や資源を割いていくだけでは結果なんて出ません。「戦略と戦術」の話と同じですね。頑張りましょうw


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>